人生あみだくじ~低所得者の節約一人暮らし日記~

50代 一人暮らし 節約とストレス発散のバランス生活ブログ

【日曜日】三連休とはなんぞや?唯一のお休みを楽しむ


日曜日、唯一朝寝坊できる貴重な休みですが、6:20に目覚ましをセットして起きます。

8:15、いつもの床屋さんに到着。

半年ぶりくらいなのかな?
オープンした880円の床屋に浮気してたし、年末辺りからパーマをあてるかどうか悩みながら伸ばしてたので。

いい加減、浮浪者みたいな髪型になって言う事聞かないし、風呂上がりのドライヤーがめんどくさいので散髪しました。

当日に行って悩んでも迷惑だし、そもそもいきなりパーマって言うのも気が引けるから、前日に電話して(予約は受け付けてないので意思表示)日曜日に行くと伝えます。

アーケードの広場では、キッズの綱引きが行われておりました。

そういえば高松商店街と言えば昨日今日、サヌキロックが開催されてるとラジオで言ってたな(実際は来月、3月23日,24日)

3連休最終日で暇を持て余した暇人が後々訪れては帰って行く(時間待ちなのでまた今度)

商店街で周りの年配者が突然来るので予約制には出来ないのかもね。

朝一に来てて良かったです。


ルイヴィトン、また来よう。

買う気で入らないと申し訳ない雰囲気に圧倒されるので、またいつか自分のテンション上げる時にでも。

外は雨ですが、車だし傘を持ち歩く習慣がなくて困りました。

駐車場から少し濡れるんですよねぇ。

パーカーして少しは防げますが、パーマが台無しです。

お陰でサザエさんみたいな髪型で日曜日を過ごす事になりましたが、殆ど気にしないのは年齢的なものがあるのかな。

20代の頃は、雨時は癖毛が活躍するので嫌で嫌で仕方なかったのに。

今は会う人を不快にさせない程度の髪型なら気にしないまでになりました。

ただ、久しく会ってない同級生には会いたくない、この気持ちは変わらない。

何度かブログでも書いたけど、地元の同級生にだけは異様にカッコつけたいマンなんです。

十数年ぶりに会って、今後(二度と?)数十年合わない可能性もある同級生の記憶に、無防備な身なりを刻みたくない。

何を期待してるとかではなく、あまり同感されない(されなくてもいい)変なプライドなんです笑

なので、散髪帰りの日は引きこもったりします。
menkui375.hatenablog.com
同じ地元のブロガーさんを時間差ストーカーしました。

丁度床屋帰りに良かったのですが、定休日は日曜日でした。
灯りついてたのに涙

雨だし、熱いうどんを食べたい衝動が抑えられないので、通りすがりのうどん屋さんへ初潜入。


仮に看板からわたくしが顔を出しても誰も撮ってくれません。

かけうどん小が280円なのは有り難いですね。

トッピングうどんの価格設定は自由ですが、わたくしの様な「とりあえず1番安いかけうどん」が300円切ると、また来る候補に上がります。

ワカメもセルフで入れられるので、実質280円でワカメうどん小が食べられるのは有り難いですね。

ここのうどん屋さん、建物は以前レンタルビデオ屋さんでした。

その前は服屋さんでして、若い頃、保険屋さん主催のねるとんパーティー(今時はそんな呼び名ではないのか!?)に行く服を買った思い出。

割と仲良く喋った相手と(おそらく)意気投合して、事前にお互いの名前を紙に書いて投函し、カップル成立しました。

その後、ドライブ(デート?)はしたのですが、何故その後続かなかったのか思い出せません。
(おそらく彼女は保険屋さんに頼まれて参加したとか言ってたかな。彼氏は居なかったからチャンスではあったハズだけど)

ドライブと言えば、同級生に紹介してもらって3人で飲んでその後ドライブに行くことに(昔なので笑)

割とお互い意気投合(多分自分が気に入ったら相手も気に入ってると思う体質)したのに、その同級生も車の後ろに乗りやがる笑

どれも真面目だったけど、いきなり電話番号交換は難しい時代。

なぜならその電話番号は自宅の番号だし、やっぱり駄目ってなっても、家の電話番号は知らせてるから最初の段階で慎重にならざるを得ない。

諦めきれない思い出がひとつ。

携帯電話を普及しだした時代、機種変(番号も変えます)を翌日に控えた土曜日の夜。

家でボーっとしてると携帯電話が鳴ります(おそらく22時頃)

相手は公衆電話からで
「あみだくじさんですか?」
「そです」
「良かったぁ。今急いでるor(小銭がない)のでまた今度かけても良いですか?」
「良いけど、明日機種変するから電話番号変わっ……」
「ツー、ツー、ツー、ツー」

お相手は結婚されてても良いから「私でした」と教えてほしい。

喋り口調からおそらく好意を持ってた気がする(思い込み)

あの時、翌日の機種変(番号変更)を引き伸ばしてたらラブストーリーは突然に始まっていたのだろうか?


雨の中、日曜日恒例の滝宮天満宮参拝も行ってきました。


梅かな?

いよいよ受験シーズン大詰め。

受験生皆に春が来ますように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ポチっと押してくれた全ての人に感謝です

PVアクセスランキング にほんブログ村


【嫌い】おおさまの耳はロバの耳


先週、善通寺に七箇所参りへ行く前に立ち寄ったうどん屋さん。

地図を貼れよって話ですが、不慣れなもので。

滝宮天満宮から少しだけ西へ行ったところにある「ソラネ」
強気の値段設定。

地元の小物製作者の作品(商品)も展示。
ちょっとシャレオツな雰囲気で、県外から来られた女性2人で入るには調度良い感じ。

そんな雰囲気をものともせず、1番安い「かけ小」を注文します。

宝くじが当たったら、1,000円以内で好きな物食べて、お釣りは募金する生活を心掛けていますので、神さま仏さま宝くじを当てて下さい。

本題、童話の王様の耳の方じゃなくて
「裸の王様」の方ね。

嫌いというか、まあ嫌いなんですけどね。

もっと嫌いなのは、自分が「裸の王様」にいつの間にかなっていること。

これは1番気をつけたいところです。

つい先日から個人的に会社は荒れております(自分の中でね笑)

会社批判という従業員の意見も発することができない瀬戸際のわたくし。

それでも、店長という立場で物事に意見するので、同僚から陰で「裸の王様」扱いされていないか気をつけなければなりません。

物事には大抵理由があり、その結果に至るまでに試行錯誤して、今の状態がある。

メリットデメリット考えて、AじゃなくてBになってます。

それを昨日今日入った新人がいきなりCとかされると、おいおいBだったのになにしてくれまんねん。

ってなります。

その件について、一から説明するのも億劫。

億劫な理由は、説明しても聞き入れてくれない、納得してくれないからです。

そもそも、言ってわかる人なら、勝手に変更しないんですよね。

ただそれを陰で「勝手にCにしやがって」とかブツブツいう店長もどうかと思います。

「いつかデメリットの多いCはダメだなと気付いてくれるか、それまで待とうホトトギス」
ってな感じ。

だって「Bに直しといて」って言っても、彼にはCにした言い分があるはず。

それを聞いた上で「B」と言えるのか。

どうせ聞いても「B」だし、C案とかも散々した結果「B」がベストに至るんです。

たらたら書いたけど、言って理解してくれて、実は「裸の王様ウザイ」とか思われるのが怖いんですよ。

そういう肝ったまの小さなわたくし、本物の裸の王様に意見なんて出来るはずがあろうものか。

けど、わたくしもバカじゃないので、その件なら「DよりE」とかわかるんです。

けど、言って不快にさせる可能性より、波風立てない方を選ぶタイプ。

これ、こちらサイドが主人公側だとしたら
「意見を言いにくくしてる裸の王様」
に問題あり、でしょう?

結局、年収300万の平社員が1億円の商談に行ってる時に、年収1,000万の同族社員が鉛筆削りに神経注いでた。

適材適所の意見を吠えた途端、首が飛びそうになる。

裸の王様というか王族には、一般市民の当たり前は通用しないのを身に染みて体感しております。

プロ野球の監督の指示通りに練習して、ペナントレース最下位で監督解任。

翌年、優勝。

結局「そッスね、間違いないッスね」と言ってた選手に心の中では馬鹿にされ、結果が出ずに翌年職を失う。

まして翌年に監督変わって優勝とか、どれだけ自分の指導能力が間違っていたのか、ファンがそう判断するでしょう。

自分はなりたくない、そう思ってても見えない壁を作られているかもしれない。

「他人のふり見てわがふり直せ」ではないが、何を言われても「イエス」しか言わないキリストマン。

不平不満が積もりに積もった時に誰が味方してくれるのだろうか。

経営者側というだけで指導能力も従業員より優れているという傲慢な気持ちは捨てなければならない。

それに気付かないのが同族経営者の跡継ぎ。

トヨタに然りお笑い芸人然り。

周りが間違っているのに気付いていても、身を守る為に何も言わない(言えない)

悪と分かっていても見逃すのもまた悪ではあるけど、やはり一従業員としては自分の生活を守る選択をしてしまつのがサガでしょう。

ブロガーさんのブログを読んでると、まぁ自分では思い付かない考えや意見、体験談が書かれてたりします。

100%ニュートラルではありませんが「なるほど」と頷ける内容が良くあります。

自分の耳に入れてくれる意見だけに反応するのではなく、自分から覗きにいった新たな意見に反応する。

反発なんて損ですからね。

やはり固定観念を捨てた世界は、自分の物差しでは測れない。

そういう柔軟な頭が大事だなと常々思っております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ポチっと押してくれた全ての人に感謝です

PVアクセスランキング にほんブログ村


当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【3連休】楽しい休みの使い方


オヤツを購入

余計なオヤツも購入

世の中3連休ですが、今日も4時起きで掃除のバイト、その後7時に出社して退社が19時。

なんてことないぜ涙、オヤツがあるからね。

帰宅後、野暮用でゴゾゴゾして家事が終わって今22時。
もう寝る時間です、経つの早い。

日曜日は散髪に行きたいなと思ってますが、上手く時間取れるのか微妙です。

しかし、もういい加減散髪しないとクールファイブのメンバーと間違われそうな髪型になってますから切りたいとこ。

冒険してパーマをあてるか悩みどころですが、パーマって時間かかるし、1日終わりそう。

ドコモのログインが調子悪く、これまたdocomo予約して半日潰れるパターンで気が滅入る。

用事を終えて終わる休日って、それが毎週続くと心や身体を休める休日が無いんですよね。

「なぁんにもしなくて良い日」
ってのが必要なんですよ。

例えば3連休で小旅行に行く人はめいっぱい楽しめる。

1泊2日なら最終日は用事に使える。

予定が未定の人はとにかく1日か2日をダラダラ過ごしても大丈夫とか。

その人それぞれの使い方があるでしょうけど、毎週日曜日しか休みないと、docomoと散髪と買い出しと朝寝坊とダラダラとわんちゃんと過ごす。

そこには来店予約による時間拘束と、うどん屋の混雑具合を避けてたら閉店してたとか。

図書館5時まで、朝寝坊して起きたらわんちゃんと戯れてとか、1日じゃ、絶望的。

そして翌日の月曜日からまた過疎地に引きこもり。

ブロガーのたぬちゃんが教えてくれたけど、年間休日105日って決まりがあるとかないとか。
そこに有給消化5日が必須なのかな?

今日も同僚と話してたけど、絶望的なのかなぁとどんよりしてました笑

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ポチっと押してくれた全ての人に感謝です

PVアクセスランキング にほんブログ村


当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【驚愕】2024年のお休み事情


今夜はカレー曜日1日目です。
福神漬けって買おう思ったら以外と小さい店には置いてなかったりして、漬物で代用。

昨日の幼女誘拐疑惑、名前で親の素性がわかりました。

狭い村はプライバシーが薄いので世間は狭いを極限まで凝縮した世界です。

まあろくな親じゃないみたいで、おそらく育て方も子供主体ではなく自分主体なんでしょう。

直接知ってる人ではないので、憶測なのでこの辺で止めときましょう。

4月からの休みを計算してみました。

早めに固定しないと、歯医者の予約が埋まってしまうのでね。

3人に増え、平日も交代で休むことにしたので
(社長の了解は以前取ってるけど、忘れたといって逆鱗に触れなければ良いのですが)
なんと月に3回取れます。

日曜日合わせて年間休日は、驚きの

81日です!

年間最低有給消化の5日を加味すると、76日計算でしょうか?

この休みの数で、有給消化もなにもない気がするけど。

と言うことは、年間81日休日で、有給消化は0ってことかな?

ワハハと笑うしかない。

年間58日を記録してますので、それから比べたら増えて嬉しいわたくしは、完全に麻痺してますね。

新人2人はわたくしの麻痺についてきてくれるのでしょうか不安です。

やっぱり、体力的な問題や賃金もそうですが、こういう体制で微動だにしない経営者達に不信感を従業員が持つ。

その事に危機感が無いのでしょうね。

わたくしみたいに不満を訴えてたら「嫌なら辞めろ」と言われますし。

人の不幸を思う、ではありませんが、そういう人生を歩んでいると、やはりしわ寄せが押し寄せてくると思うんですよね。

イーロン・マスクやビル・ゲイツみたいに、世界的富豪になる運に比べると大したことないんですから。

あの方達から見れば、わたくしも経営者も似たり寄ったりのレベルでしょうに。

しかし、人助けしたりボランティアは人間1人分の価値に変わりはないと思ってます。

ゴミをわたくしが拾っても、イーロン・マスクが拾ってもゴミの価値も数量も変わらないのですから。

徳を積むのは人類平等(と思いたい!)

どんなに資産に差があっても、人間の寿命はたかだか100年あるかないか。

と思わないと、やってられん笑ワハハ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ポチっと押してくれた全ての人に感謝です

PVアクセスランキング にほんブログ村


当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【未遂】幼女誘拐疑惑


はい、6:50出勤の日。
ご褒美はマーガリン入りレーズンパンとコーヒーをセルフで頂きます。

ゆっくり至福の時間を楽しんでたらあっという間に7:30が過ぎて営業時間になるというね。

時間経つの早い。

夜も19時から帰宅しても気づけば22時前とかになってて。

今日は夕方配達にトラックで走ってたら、小学一年生にヒッチハイクされました。

手を挙げられたから何事かと停ると、乗せて帰ってくれとな。

そのお友達は泣きながら一緒に帰ろうとか言ってるし、手を挙げた少女はお母さんが(ランドセル持って)帰ったから送ってと、半泣きで。

「知らない人の車乗っちゃダメって言われてるでしょ?」

その後もウニャウニャ皆が好き勝手言って。

道行く人からすれば、事故か何かしら悪いことしたと思われてるだろーなー、と。

とりあえず小学校に電話して、一年生の担任に来てもらうことに。

その後やっと解放されました。

困ってる、しかも子供だと仕事放り出して駆けつけるオッサンだけど、意味がわからんし、下手に送っても、その母親が勘違いして行き違いなっても困惑だろうし。

狭い村だから誰かしらに見られてるから、誘拐しても必ずバレるんだけど、やっぱり変な奴も居るだろうから、とりあえず停まったのが普通のオッサン(自己紹介乙)で、良かったのでは?

一応、一日一善とカウントする笑

しかし、最初の経緯と母親の行動の意味は、後日でも知りたい所ですが、そっとしとくのが良いのでしょうね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ポチっと押してくれた全ての人に感謝です

PVアクセスランキング にほんブログ村


当ブログではアフィリエイト広告を利用しています